ドラマ・映画関連

『夜明けのすべて』あらすじネタバレを紹介!映画原作から探るタイトルの意味とは?

2023年12月26日

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『夜明けのすべて』あらすじネタバレを紹介!映画原作から探るタイトルの意味とは?

待望の映画化が決定した『夜明けのすべて』のあらすじネタバレを、原作の魅力を交えて深掘りします。

この記事では、『夜明けのすべて』のあらすじネタバレを詳しく紹介し、映画と原作の比較を通じて、その独特な世界観とタイトルの意味を解き明かします。

予告で既に話題を集めている上白石萌音主演のこの作品は、映画ファンだけでなく、原作ファンも必見です。

『夜明けのすべて』のあらすじネタバレを知ることで、映画を見たときにはより深く物語の意味を理解できると思います。

『夜明けのすべて』のあらすじネタバレを、ぜひ最後までご覧ください。

上白石萌音出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
上白石萌音▲かんたん登録分で完了▲

『夜明けのすべて』のあらすじ

瀬尾まいこによるベストセラー小説『夜明けのすべて』は、心に染み入る物語として多くの読者を魅了しています。

本作は、生活に苦しみ、孤独を抱える二人の主人公、藤沢美紗(上白石萌音)と山添孝俊(松村北斗)の交流を描いています。

美紗は月経前症候群(PMS)に苦しみ、感情のコントロールが難しい日々を送っています。

一方、山添は新しい職場での生活に適応しようと努めながら、パニック障害と戦っています。

二人は互いに「おせっかい」を発動させながら、徐々に心の距離を縮めていくことに。

互いに支え合いながら、彼らは日常の小さな喜びを見出し、徐々に希望の光を感じ始めます。

この物語は、苦しい状況の中でも人と人との繋がりがいかに重要であるかを教えてくれます。

『夜明けのすべて』は、読者に心の温もりを与え、日々の生活に新たな視点をもたらす作品です。

『夜明けのすべて』のネタバレ

ここからは小説『夜明けのすべて』の物語をもとに、あらすじネタバレを紹介します。

『夜明けのすべて』は、瀬尾まいこによる心温まる小説で、主人公の藤沢美沙(上白石萌音)と山添孝俊(松村北斗)の交流を描いています。

主人公の藤沢美紗と山添孝俊は、二人の若者で、それぞれ固有の心の問題を抱えています。

そんな二人がどのように心を通じあわせていくのか、詳しく解説します。

藤沢美紗の日常と葛藤

物語は、美紗の視点から始まります。

美沙は月経前症候群(PMS)に苦しんでおり、毎月一度、怒りが抑えられず攻撃的になってしまいます​​​​​​。

彼女はかつてPMSが原因で職を失いましたが、現在は栗田金属という小さな会社で働いており、同僚や社長からの理解によって比較的穏やかな生活を送っています​​。

山添孝俊のパニック障害との戦い

山添孝俊は、大手コンサルティング会社をパニック障害のために辞職し、栗田金属に転職してきた若者です。

かつては活気に満ちた生活を送っていましたが、病気によって日々無気力に過ごしています。

彼は以前、仕事を精力的にこなし、おしゃれに気をつけ、彼女や多くの友人と充実した日々を過ごしていました。

しかし、パニック障害になってからは、ただ眠るためだけにアパートに帰る日々を送っていました。

彼の生活は一変し、病気との闘いに直面しています​​。

互いの病気を知り近づく二人

二人が初めて出会った時、美沙は山添にイライラをぶつけてしまいます。

しかし、山添が倒れそうになった際、美沙は彼にパニック障害の薬をこっそり手渡します。

これがきっかけで、お互いの苦しみを知り、互いに共感し合うようになります。

美沙と山添は、友情や恋愛感情を持っていませんが、お互いに助け合える存在として互いに歩み寄っていきます。

山添が落とした薬の名前が、かつて美沙が服用していたものだったため、彼女は彼の状況を理解し、彼に対して徐々に心を開いていくのです​​​​​​。

お互いのために行動する美沙と山添

美沙は山添の髪を切ったり、彼に美味しいものを買ってきたりするなど、彼のために小さなことから始めます。

一方、山添も美沙の気持ちを理解し、彼女のPMSの前兆を察知し、彼女が怒りを発散できるように助けます。

美沙は、彼の近所にないコンビニで美味しいものを買ってきたり、彼の髪を切ってあげたりすることで、彼に対する「おせっかい」とも言える行動を取ります。

山添は、初めはこれらの行動を少し迷惑に思っていましたが、美沙に切られた自分の髪型に笑ったり、一緒に休日出勤したり、好きなアーティストの話をしたりするうちに、彼女に対して心を開いていきます​​​​。

互いに変化をもたらす関係

正月には、山添のポストに謎のお守りが届き、その出所を探ることが二人の新たな目標となります。

また、美沙が虫垂炎で手術を受ける際には、山添が彼女のそばにいて支えます。

この事件を通じて、山添は自分がパニック障害であることを一時忘れ、電車に飛び乗って美沙のもとへ急ぎます。

美沙のために自転車を購入し、彼女の退院まで見届けた山添は、彼女と一緒に過ごすことに緊張感や圧迫感を感じなくなったことに気づきます​​​​。

新たな一歩を踏み出す二人

最終的に、美沙は栗田金属の専門商品を活用して、一般の人向けに会社の倉庫をオープンする計画を提案します。

これにより、彼らは新しい一歩を踏み出します。

山添は徐々に薬の量を減らすことができ、美沙に「好きになることができる」と伝えます。

二人は、病気との闘いを通じて強い絆を築き、お互いの人生に変化をもたらします。

彼らの関係は、友情や恋愛を超えた、深い理解と支え合いで成り立っていくのです。

この物語は、苦しい状況にあっても、人との繋がりがいかに大切かを教えてくれる心温まる作品です。

上白石萌音出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
上白石萌音▲かんたん登録分で完了▲

映画『夜明けのすべて』の紹介

『夜明けのすべて』は、瀬尾まいこによる感動的な小説を原作とした映画で、読者たちに深い印象を残す作品となっています。

瀬尾まいこは、日本の現代文学界で高く評価されている作家であり、彼女の作品は独特の感性と深い心理描写で知られています。

『夜明けのすべて』は、彼女の代表作の一つとして、多くの読者から愛されています。

映画化の発表と主演キャスト

映画『夜明けのすべて』では、松村北斗と上白石萌音が主演を務めることが発表されています。

松村北斗はその卓越した演技力で知られ、多様な役柄を見事に演じ分けることができる俳優です。

一方、上白石萌音は彼女の繊細な演技と感情表現で観客を魅了する女優です。

二人の共演は、小説の魅力をさらに引き立てること間違いなしです。

映画は、原作の持つ深い人間ドラマと心の動きを、リアルに再現することに挑んでいます。

小説のファンはもちろん、映画ファンも楽しみにしている作品であり、その公開は多くの人々の期待を集めています。

映画『夜明けのすべて』は、瀬尾まいこの文学的な魅力と映像の力を融合させた、見逃せない作品となるでしょう。

『夜明けのすべて』映画と原作の違い

『夜明けのすべて』の映画化は、瀬尾まいこの同名小説を基にしながらも、原作にはない新たな要素を加えています。

映画は、藤沢美紗(上白石萌音)と山添孝俊(松村北斗)という二人の主人公の物語を描いています。

ここでは現時点でわかる範囲での、映画と原作の違いを紹介します。

 映画版の特徴

映画版では、松村北斗と上白石萌音の演技が原作の世界をリアルに再現しています。

松村北斗は、一見クールですが心根が優しい山添孝俊を演じ、上白石萌音は、月に一度のPMSに苦しみながらもおおらかな性格の藤沢美紗を演じます。

二人は、映画で初共演となり、友達でも恋人でもありませんが、お互いに理解しあう特別な関係性を演じます​​​​​​。

監督と脚本のアプローチ

映画の監督と共同脚本は、俊英の三宅唱が手掛けています。

彼は原作に新しい要素を加え、二人の交流や、互いの殻を溶かし合っていく姿を、日常の美しさや季節の移ろいと共に描いています。

これにより、映画は原作の心温まる物語を維持しつつ、視覚的な美しさと深い感情表現で新たな世界感を創り出しています​。

この映画版『夜明けのすべて』は、原作の魅力を踏襲しながらも、映像としての新たな解釈と表現を追求している点で、原作ファンと新規の観客双方にとって魅力的な作品となっています。

上白石萌音出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
上白石萌音▲かんたん登録分で完了▲

『夜明けのすべて』タイトルの意味とは?

『夜明けのすべて』というタイトルは、小説のテーマと深く関連しています。

この物語では、主人公たちが周囲に理解されず、孤独を感じながらも、生きる意味を見つけ出そうとする過程が描かれています。

彼らは、病気の苦しみや社会との関わりによる疲弊を経験しながらも、互いに支え合い、最終的には自分自身の本来の姿へと戻っていきます​​。

著者の瀬尾まいこは、この作品を通じて、人生が厳しいものであることを認めつつも、誰かの心を癒せる救いの道が残されているというメッセージを伝えています。

彼女自身もパニック障害を経験しており、その体験をモチーフにしています。

彼女は、この小説を「ずっと見守りたいと思うかわいい作品」と評しています​​。

このタイトルは、厳しい夜を乗り越えた後の、希望と再生を象徴しています。

『夜明けのすべて』は、困難な状況を抱えながらも、希望を見つけ出す過程を描いた物語であり、タイトルはその本質を象徴しているのです。

まとめ

この記事では、映画化が待ち遠しい『夜明けのすべて』のあらすじネタバレを詳細に紹介しました。

原作の深い魅力を映画がどのように映像化するのか、その予告からも既に多くの期待が寄せられています。

『夜明けのすべて』のあらすじを追いながら、ネタバレを含めて物語の全貌を解き明かし、映画と原作の比較を通じて、タイトルに込められた意味を探りました。

この記事を読むことで、『夜明けのすべて』のあらすじがより深く理解でき、映画鑑賞の前に原作の世界に浸ることができるでしょう。

映画の公開が待ち遠しいですね。

最後に、この記事が『夜明けのすべて』のあらすじネタバレ、そして映画と原作の魅力を深く知る一助となれば幸いです。

別記事で、『夜明けのすべて』の相関図とキャスト情報について紹介しています。

そちらもあわせてご覧ください。

こちらもCHECK

『夜明けのすべて』にキスシーンはあるのか?相関図とキャスト情報もチェック!
『夜明けのすべて』にキスシーンはあるのか?相関図とキャスト情報もチェック!

『夜明けのすべて』にキスシーンはあるのか?相関図とキャスト情報もチェック! 映画『夜明けのすべて』が上白石萌音さん、松村北斗さん(SixTONES)のW主演で2024年2月に公開が決定しました。 こち ...

続きを見る

-ドラマ・映画関連