ドラマ・映画関連

ドラマ『離婚しない男』のネタバレを最終回まで!あらすじや篠田麻里子の配役を解説!

2024年2月8日

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ドラマ『離婚しない男』のネタバレを最終回まで!あらすじや話題の篠田麻里子の配役を解説!

ドラマ『離婚しない男』の最終回までのネタバレが気になるけれど、忙しくて見逃してしまった方も多いのではないでしょうか。

人気漫画のこのドラマ化作品では、篠田麻里子さんが鍵を握る役どころで、その演技には目が離せません。

あらすじを追いかける中で、自分自身の人生や恋愛観について考えさせられる瞬間もあるかもしれません。

そんなドラマ『離婚しない男』の感想を共有し、見逃し配信をチェックすることで、共感や新たな発見があるかもしれません。

この記事では、そんな『離婚しない男』の最終回までのネタバレと篠田麻里子さんの配役を中心に、漫画との違いも含めて詳しく解説します。

ドラマ『離婚しない男』の世界を深く掘り下げていきましょう。

今すぐABEMAプレミアムで
離婚しない男を見てみる離婚しない男▲登録から14日間無料で楽しめる▲

ドラマ『離婚しない男』のあらすじ

ドラマ『離婚しない男』のあらすじは、まさに人生の山あり谷ありを描いた物語です。

主人公、岡谷渉は大手新聞社のエース記者。

彼の平穏な日々は、妻の不倫現場を目撃したことから一変します。

離婚という大きな決断の背後には、愛娘の親権を獲得するという目標がありました。

しかし、父親の親権獲得率が極めて低いという現実に直面し、彼の戦いは思ったよりも険しいものとなります。

この状況を打破するため、渉は仕事を辞め、家庭に専念する決意を固めます。

彼は、不倫相手に隠された秘密と戦いながら、親権を巡る法廷での勝利を目指します。

ドラマ『離婚しない男』は、ただの家庭ドラマではなく、親権を巡る壮絶な戦いと、それに伴う人間関係の複雑さをリアルに描いています。

まるで人生の迷宮に迷い込んだかのような主人公の奮闘を、視聴者は身近に感じることでしょう。

ドラマ『離婚しない男』最終回までの衝撃の展開をネタバレ!

ここからは『離婚しない男』の各話のネタバレを紹介します。

まだ未公開の部分は、公開され次第、更新していきますのでお楽しみに!

第一話

ドラマ『離婚しない男』第一話では、主人公・岡谷渉(伊藤淳史)が、仕事熱心な新聞記者から一転、自身の妻・綾香(篠田麻里子)の不倫を偶然目撃し、その後の人生を大きく変える決断をします。

このショックをきっかけに、渉は家族を守るため、そして最愛の娘・心寧の親権を確保するために、職場での部署変更を申し出て在宅勤務に移行。

表向きは育児に専念するためとされていますが、その裏には親権争いに備える計算が隠されていました。

第一話から、親権獲得のための彼の奮闘が始まりますが、父親の親権獲得率の低さという現実に直面し、さらに弁護士からも弁護を拒否されるなど、困難な戦いが予想されます。

この序章は、今後の展開への期待を高めると同時に、家庭内の葛藤と法的な戦いの複雑さを予感させます。

第二話

ドラマ『離婚しない男』第二話では、主人公・岡谷渉の離婚戦略がさらに展開。

渉は、妻・綾香の不倫とその後の複雑な家庭環境に直面し、愛娘・心寧の親権を獲得するための奮闘を続けます。

特に綾香の不倫相手である司馬マサトが、隣室に引っ越してきた理由に渉は悩まされます。

さらに、渉は探偵・三砂裕と共に、綾香とマサトの不倫証拠を掴むために躍起になりますが、思わぬアクシデントに見舞われます​​。

一方で、綾香は渉に対してさらなる嫌がらせを続け、二人の関係は更に悪化。

綾香は渉から離婚し、多額の慰謝料と心寧の親権を得るために動き出しますが、その過程で驚くべき行動に出ます​​。

このエピソードは、視聴者からのさまざまな反響を呼び、一部からは、そのブラックコメディとしての面白さや、篠田麻里子と小池徹平の演技が特に称賛されました。

また、物語の展開に対する驚きや、キャラクターたちの複雑な心理描写についてのコメントも多くありました​​。

第二話の見逃し配信は、放送後わずか1日で110万回を超える再生回数を記録し、第一話を上回る速さで視聴者数を伸ばしています。

この勢いは、第三話がさらに「刺激的」になることを予感させています​​。

第三話

ドラマ第三話の『離婚しない男』では、岡谷渉の離婚戦略がさらに複雑な局面を迎えます。

愛娘・心寧が公園でケガをした際、綾香は渉を責め立てます。

しかし、渉は綾香の腕に見覚えのない新しいタトゥーを発見し、さらなる疑問を抱くことになります。

一方で、綾香は不倫相手の司馬マサトに対して、自分たちの関係が渉に知られている可能性を心配して相談しますが、マサトは彼女の心配を一蹴します​​。

綾香とマサトの関係はさらに過激さを増し、二人のあいびきのシーンはドラマの予告映像でも描かれていましたね。これには「ソファの上で不倫」というテロップが付され、渉がソファの下で目をつぶる姿が映し出されています​​。

綾香の過去にも光が当てられ、彼女がかつてアイドルデュオ《KOIRAM》のメンバーとして華やかな活動をしていたことが明らかになります。しかし、ある出来事をきっかけに活動自粛を余儀なくされた不遇の過去があったことが語られます​​。

さらに、渉は再び凄腕の離婚弁護士・財田トキ子のもとを訪れますが、トキ子から自身の甘さを指摘され、涙する場面も描かれます。このエピソードは、渉の離婚への道のりがいかに困難で複雑であるかを物語っています。

今すぐABEMAプレミアムで
離婚しない男を見てみる離婚しない男▲登録から14日間無料で楽しめる▲

第四話

第四話の『離婚しない男』では、主人公・渉のドラマがさらに深まります。

彼の妻・綾香と、綾香の不倫相手である芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサトの間で繰り広げられる禁断の情事が、渉による撮影試みとともに描かれます​​​​。

このエピソードでは、小池徹平が演じるマサトの狂気じみた演技や、渉とマサトの直接対峙が描かれ、物語に新たな緊張感が。

また、渉と共に綾香の不倫の証拠集めに奮闘する探偵・三砂裕の活躍も注目されます。

彼のキャラクターは、多才な能力を持ちながらも、渉と心を通わせるバディとしての強い絆を築いていきます​​。

さらに、親権問題に精通した敏腕弁護士・財田トキ子が登場し、父親の親権獲得の困難さや、それに立ち向かう渉の姿が描かれます。

財田トキ子のキャラクターは、強烈な印象を与えるとともに、物語に社会派な側面を加えています​​。

篠田麻里子と小池徹平の演じる濃密なシーンは、冒頭8分間にわたり展開され、その大胆な内容には「思い切りすぎ」「言葉責めすぎるだろ」といったネット上での反応が。

これらのシーンは、地上波での放送に対して「これ地上波なの?笑」と驚きの声が上がるほどでした​​。

第五話

第五話の『離婚しない男』では、伊藤淳史演じる岡谷渉と、小池徹平演じる司馬マサトの過去が明らかになり、物語はさらに深みを増しています。

公園で偶然出会った二人は、心寧の将来について話し合いますが、その会話からマサトが渉の家族に対して持つ複雑な感情が浮かび上がります。

特に、マサトがアメリカ留学を勧めていることを知った渉は、綾香から何も聞いていなかったため、ショックを受けます​​​​。

衝撃的な事実として、マサトは実は渉の高校時代の同級生であり、ある過去の出来事から渉を恨んでいたことが判明します。

その恨みが、彼を渉の家族に近づかせ、渉を苦しめる動機となっていたのです。

さらに、隣の部屋に引っ越してきた謎の美女・竹場ナオミの登場も物語に新たな展開をもたらしています​​。

第六話

第六話の『離婚しない男』では、渉が隣室に引っ越してきた謎の美女、ナオミと複雑な関係に陥ります。

渉は偏頭痛に苦しむナオミを介抱するも、この一幕を綾香に目撃され、彼女は渉がナオミに気があると誤解。

綾香はこの疑惑をマサトに報告し、二人の逢引きの証拠を撮るよう命じます。

その一方で、財田トキ子と三砂裕は、マサトが渉を恨む背景に彼の母親の自殺が関連していると推測し、調査を進めます。

ナオミの部屋に招かれた渉は彼女から衝撃の告白を受け、綾香はベッドの下に隠れて二人の会話を盗み聞きします​​​​​​​​。

このエピソードは、渉とナオミの関係や綾香とマサトの策略など、複数のストーリーラインが交錯し、ドラマの緊張感を高めています。

特に、ナオミと渉の禁断の関係や、綾香の策略が次の展開にどう影響するかが視聴者の興味を引きつけています。

また、ナオミのハニートラップや綾香がベッドの下で渉とナオミの会話を聞くシーンは、ドラマの見どころとして特に反響を呼んでいます。

第七話

以降、放送があり次第、更新致します!

篠田麻里子の役どころとは?

篠田麻里子さんがドラマ『離婚しない男』で見せる役どころは、ドラマの中でも特に複雑な感情の橋渡しを担っています。

彼女が演じるのは、主人公の妻であり、家庭内での不和と外部の誘惑に悩むキャラクターです。

このドラマでは、篠田さんの演技力が光り、そのキャラクターの心情の微細な変化を視聴者に伝えています。

彼女の役は、時に視聴者の怒りを買い、時に同情を誘うなど、感情の幅広い反応を引き出します。

篠田さんの役どころはドラマ『離婚しない男』の物語を一層深く、複雑にしており、その圧巻の演技はドラマを際立たせる重要な要素となっています。

話題沸騰!ドラマ『離婚しない男』の名シーン

ドラマ『離婚しない男』は、心を揺さぶる名シーンで溢れていますが、特に印象的なのは、主人公が妻の不倫を知った瞬間です。

このシーンは、まるで静かな湖に石が投げられたような、平穏な日常に突如訪れる波紋を描いています。

また、娘への深い愛情を示すシーンは、親子の絆の強さを感じさせ、視聴者の心を温かくします。

ドラマは、家族の問題を通じて、人間の複雑な感情や社会的な問題にも触れており、それぞれのシーンが深いメッセージを持っています。

ドラマ『離婚しない男』の名シーンは、ただのドラマを超えて、私たち自身の人生や選択を見つめ直すきっかけを提供してくれます。

今すぐABEMAプレミアムで
離婚しない男を見てみる離婚しない男▲登録から14日間無料で楽しめる▲

『離婚しない男』漫画とドラマの違いとは?

ドラマ『離婚しない男』は、大竹玲二さんによる同名の漫画を原作とする実写化作品で、2024年1月20日からテレビ朝日系列で放送されています。

主演は伊藤淳史さんが務め、サレ夫として親権を巡る壮絶な戦いを描いています。

漫画とドラマの最大の違いは、視覚的な物語への変換にあります。

ドラマでは、登場人物間のダイナミクスや社会問題への掘り下げが、より豊かに展開されています​​​​。

漫画のストーリーラインを基にしつつ、ドラマ版はキャラクターの感情の起伏や、父親が親権を獲得しようとする複雑なプロセスを、より詳細に描写。

特に、妻の不倫相手である芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサト役を演じる小池徹平や、敏腕離婚弁護士・財田トキ子役を演じる水野美紀など、豪華キャストの追加が物語に深みを与えています​​​​。

脚本は、鈴木おさむさんが手掛けており、彼の「おさむワールド」とも言えるユニークな視点から、親権獲得を目指す男性の奮闘をブラックコメディとして描き出しています​​​​。

漫画ファンも新規の視聴者も楽しめる内容となっており、特に日本におけるシングルファーザーの挑戦をリアルに描いている点で見逃せません。

ドラマ『離婚しない男』を見たファンのリアルな感想

ドラマ『離婚しない男』を視聴したファンからは、さまざまなリアルな感想が寄せられています。

特に篠田麻里子さんの演技や彼女が演じる「悪妻」役には注目が集まり、篠田さんの色気や演技力に対する称賛が多数見られました。

一方で、ドラマの露骨な不倫シーンやラブシーンには賛否両論があり、その描写が強烈すぎると感じる視聴者もいました​​​​。

ドラマのコメディタッチな部分や、キャストの演技に対しては好評の声が多く、特に篠田麻里子さんと小池徹平さんの絡みに対しては、その大胆さで話題となりました。

しかし、不倫やラブシーンの描写に関しては、一部の視聴者からは「気持ち悪い」という否定的な意見もありました。

過去の実際の出来事が関係してるのでしょう。

キャスト陣への期待が高い中で、ドラマの内容が一部の視聴者の好みに合わなかったようです​​​​。

総じてドラマ『離婚しない男』は、その挑戦的な内容と篠田麻里子さんをはじめとするキャストの演技力で、多くの視聴者の注目を集めるドラマとなりました。

今後も物語の展開やキャラクターの動向に目が離せません。

今すぐABEMAプレミアムで
離婚しない男を見てみる離婚しない男▲登録から14日間無料で楽しめる▲

まとめ

ドラマ『離婚しない男』のネタバレや最終回に関するファンの興味は尽きません。

この記事では、ドラマの見どころを簡潔に紹介しました。

  • 主人公の成長と決断
  • 篠田麻里子さんの役どころの深さ
  • 最終回における感動的な結末までのネタバレ

これらのポイントが『離婚しない男』をただのドラマではなく、視聴者に深い印象を残す作品にしています。

最終回までの展開は、視聴者に多くの感情を呼び起こし、結末に至るまでの物語は確かに見る価値があります。

-ドラマ・映画関連