ドラマ・映画関連

『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のネタバレ解説!あらすじや口コミ評判も紹介!

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のネタバレ解説!あらすじや口コミ評判も紹介!

前作『翔んで埼玉』は、埼玉県を盛大にイジるという異色の内容となったこともあり、大きな反響を呼びました。

そして、今作『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』でも盛大に埼玉県をイジりながら、関西圏もイジるという大まかな内容となっています。

本記事では、映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のあらすじ、キャスト紹介を含めた作品紹介と結末のネタバレ解説、ネタバレありの口コミ評判を紹介します。

前作『飛んで埼玉』を
U-NEXTで今すぐ無料で見てみる

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

31日間の無料トライアル ▲

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』の結末をネタバレ解説

ここでは、ドラマパートと現代パートのそれぞれの結末について、ネタバレ解説します。

ドラマパートとは、過去や架空の出来事が中心となり、主人公たちが直面するさまざまな困難や冒険、そして埼玉と東京、さらには関西地方の各県との間に繰り広げられる壮大な戦いが描かれています。

現代パートとは、映画の冒頭や途中、エンドなどに挿入され、ドラマパートの物語を聞いた人々がそれにどのように反応するか、または物語が現代にどのような影響を与えるのかという視点が描かれます。

では早速、見ていきましょう!

ドラマパートの結末

大阪府知事である嘉祥寺晃(片岡愛之助)の本当の目的は、解像したミサイルに通天閣の粉を搭載して東京に打ち込むことで、東京を大阪化するというものでした。

大阪に到着した麗でしたが、ミサイル発射を止める前に嘉祥寺に捕獲されてしまったこともあり、通天閣の粉を搭載したミサイルは東京に向けて発射されてしまいます。

しかし、埼玉県唯一のタワー・行田市・古代蓮の里展望タワーは、極秘裏にミサイルに改造されており、麗のミサイル発射の一報を聞いた百美は、古代蓮の里展望タワーミサイルを発射し、宇宙空間で通天閣ミサイルを破壊し、嘉祥寺の目的を防ぐことができたのです。

このことがきっかけで、嘉祥寺のさまざまな悪事が明るみになり、逮捕されたことで関西は平和になり、水没した滋賀の復興にも成功しました。

埼玉県は継続して「日本埼玉化計画」を推し進めることを決め、麗が和歌山県から持ち帰ってきた白砂を使って「水上公園」が建設され、埼玉県の各鉄道会社の代表が和解したことで武蔵野線が開業し、舞浜まで直通になったことで、埼玉人は電車一本で”東京ネズミーランド”に行けるようになったのです。

現代パートの結末

ラジオドラマを聞いていた内田直子(和久井映見)や与野の人たちが感動している最中、若月依希(朝日奈央)の出産が近づきましたが、与野のチーム関係者に大阪出身の助産師がいたため、出産を手伝ってもらいます。

駆け寄った夫・若月健太(瀬戸康史)は息子の名前を「とび太」に決めようとするが、依希は「とび太じゃないと」と叫び否定しました。

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』の口コミ評判

ここでは、映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』を見た人によって投稿された口コミ評判を、ネタバレありでいくつか紹介します。

とびだしぼうや、サラダパン、他にもいろいろあったけど、一番ツボだったのはホップカード。現金引き換えあるある!!祖母が貯めてた。

大阪版チャーリーとチョコレート工場は高熱のときに見る夢でしょ。

引用:Filmarks

埼玉県に海を作る。という何とも無謀なことを笑

今回も、埼玉ネタが豊富でクスッと笑ってしまうことが多かった。

引用:Filmarks

普段身近な平和堂のホップカードとか、「へーいわーどーう」って音楽、鳥のロゴも出てくるし、飛び出し坊やがあんなにも役に立つとは!

身内ネタっていうかんじで、弄られるのが嬉しかった。

引用:Filmarks

前作『飛んで埼玉』を
U-NEXTで今すぐ無料で見てみる

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

31日間の無料トライアル ▲

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のあらすじ

その昔、埼玉解放戦線を率いる麻実麗(GACKT)と壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、より平和な世界を求めて「日本埼玉化計画」という活動を推し進めている中で、埼玉県人の横の繋がりが薄いことを問題視。

埼玉県人の心をひとつにするために麗は、埼玉県・越谷に海を作るという無謀な計画を打ち立て、この計画を成功させるために解放戦線メンバーとともに和歌山県を目指しました。

その道中、船が荒らしに巻き込まれてしまい、麗はひとりで和歌山県の海岸に打ち上げられてしまいますが、そこで滋賀県解放戦線の桔梗魁(杏)と出会うのです。

当時の関西は、大阪府知事である嘉祥寺晃(片岡愛之助)や、その妻の神戸市長(藤原紀香)、京都市長(川﨑麻世)たちに支配されていました。

和歌山県・白浜も大阪人のためのリゾート地になっており、通行手形のない人の立ち入りが禁止されていました。

桔梗は姫君を、麗は嘉祥寺に囚われた仲間たちを救い出そうとしますが、麗もまた嘉祥寺の手中に落ちてしまいます。

ここで、嘉祥寺が恐ろしい計画を企てていることを知った麗と桔梗、そして百美たちは、暴走する嘉祥寺を阻止することはできるのか?

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』の作品紹介

ここでは、映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』の概要やキャストについて詳しく解説します。

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』の作品概要

埼玉県を盛大にディスることで注目を集め、大ヒット作品となった『飛んで埼玉』の続編となる映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』。

今回の作品は、前回同様に埼玉をディスるテイストは変わらず、東京都埼玉のような”格差”と同様に関西にも”超・格差社会”があることを知り、最終適期には日本全土を巻き込む東西対決に発展していきます。

”埼玉をディスる”という異色の内容が、埼玉県民からの評判も良く今回の続編へと繋がったのですが、前回よりもスケールアップしたディスや郷土愛を感じることのできる作品に仕上がっています。

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のメインキャスト

映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のメインキャストは以下の通りです。

  • 麻実麗:GACKT
  • 壇ノ浦百美:二階堂ふみ
  • 桔梗魁:杏
  • 川信男:加藤諒
  • おかよ:益若つばさ
  • 近江晴樹:堀田真由
  • 近江晴樹:くっきー!(野生爆弾)
  • 滋賀のジャンヌダルク:高橋メアリージュン
  • 内田智治:アキラ100%
  • 若月依希:朝日奈央
  • 和歌山解放戦線員:天童よしみ
  • 京都の女将:山村紅葉
  • 元大阪府知事:モモコ
  • 京都市長:川崎麻世
  • 神戸市長:藤原紀香
  • 嘉祥寺晃:片岡愛之助

埼玉県の自虐ネタを盛り込んだ『翔んで埼玉』の第1弾から引き続き、主演をGACKTさんと二階堂ふみさんが継続して担当することになっています。

前作『飛んで埼玉』を
U-NEXTで今すぐ無料で見てみる

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

31日間の無料トライアル ▲

まとめ

本記事では、映画『翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜』のあらすじ、キャスト含め作品紹介と結末のネタバレ解説、ネタバレありの口コミ評判を紹介しました。

前作に引き続き”埼玉イジり”を全開にした今作ですが、クスッと笑えるという方や、地元が出てきて嬉しいと言った声が多く、イジられた県民のほうが高く評価している部分も面白いポイントです。

前作と主演が変わらなかっただけでなく、さらに豪華キャストを追加した力作であることは間違いなく、次回作にも大きな期待がかかる作品となりました。

-ドラマ・映画関連