ドラマ・映画関連

変な家のネタバレを真犯人~結末まで家系図付きで解説!仏壇の意味や左手がない遺体は誰?

2024年1月6日

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

変な家のネタバレを真犯人~結末まで家系図付きで解説!仏壇の意味や左手がない遺体は誰?

2024年3月15日に公開される映画『変な家』の原作を深掘りし、そのネタバレと犯人の謎を解き明かします。

この物語は、オカルト専門ライターの主人公が変な家で起きた事件を追う、不動産ミステリーとなっています。

仏壇の秘密や、左手がない遺体の正体、最後の窓の意味や、この物語は実話なのかなど、できるだけ詳細に結末まで解説します。

『変な家』のネタバレと犯人探しを通して、読者の皆さまにこの奥深い物語の全貌をお届けします。

家系図も紹介しているのでぜひご覧ください。

間宮祥太朗出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
間宮祥太朗

▲かんたん登録分で完了▲

『変な家』のあらすじ

『変な家』は、謎の覆面作家・雨穴(うけつ)によるミステリー小説です。

この物語は、都内の中古一軒家の不可解な間取り図を巡る謎解きから始まります。

覆面ホラー作家の雨穴は、知人の柳岡から「この家に不可解なところがある」という間取り図を受け取り、知り合いの建築士・栗原と共にその謎を探求します。

物語は一見普通の間取り図の中に潜む、窓が一切ない子供部屋や不自然な空間のあるキッチンなど、不可解な点を解明していく過程を描いています。

この家の持つ謎の空間や監禁部屋などの不思議な部屋が、物語を進めるにつれて次第に禍々しい現実味を帯びていきます。

栗原の考察が信ぴょう性を増し、物語は予想外の方向へと進んでいくのです​​​​​​​​。

『変な家』の原作ネタバレ!真犯人は!?

ここからいよいよ『変な家』の原作ネタバレを紹介していきます。

間取りもそうですが、謎が多いこの『変な家』の最後の結末はどうなるのか。

また真犯人は誰なのか。

それぞれの謎を結末まで紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

物語の概要と始まり

変な家1

『変な家』は、謎に包まれたホラー作家、雨穴によって書かれたミステリー小説です。

この作品は、一見普通に見える家の変わった間取りが、徐々に恐ろしい真実を明らかにしていく物語。

本作は、YouTubeで注目を集め、話題となった後、映画化されるまでに至りました。

この物語は、ただの不動産ミステリーではなく、その背後にある人間ドラマと恐怖が重層的に絡み合っています。

不可解な間取りと謎の発見

物語は、オカルト専門のフリーライターが、友人から中古の家について相談を受けるところから始まります。

この家の間取りには奇妙な点があり、特に1階のリビングとキッチンの間に位置する、不可解な空間がフリーライターの興味を引きます。

フリーライターは、ホラーとミステリーの愛好家である設計士・栗原に、この家の設計について意見を求めます。

栗原は、特に2階の子ども部屋の間取りに注目し、その部屋がまるで監禁用のように思えると指摘。

この部屋には窓がなく、トイレがあり、二重扉が設けられていました。

恐ろしい仮説と殺人の可能性

『変な家』の中心的な謎は、家の奇妙な間取りが隠す恐ろしい秘密にあります。

オカルトとミステリーに精通するフリーライターと建築士・栗原は、この家が実は殺人を目的として設計された可能性を示唆。

彼らは、1階のリビングとキッチンの間にある不可解な空間に着目し、2階の子ども部屋と浴室の角に重なるその配置から、秘密の抜け穴が存在するのではないかと考えます。

栗原の仮説では、この秘密の通路を使い、風呂場で殺された遺体が子ども部屋に運ばれ、その後車庫の物置を通じて運び出されるという、恐ろしい計画が立てられていたとされます。

この家の設計が隠す殺人の謎は、物語の中核を成し、読者に深い恐怖と興味を引き起こす要素となっています​​。

謎の女性と過去の事件

変な家2

『変な家』の物語に新たな展開をもたらすのが、宮江柚希という謎の女性の登場です。

フリーライターの書いた記事に反応し、彼女は「変な家」の住人に自身の夫が殺された可能性があると語ります。

柚希の夫、宮江恭一は3年前に行方不明となり、その後遺体で発見されています。

特筆すべきは、その遺体から左手首が欠損していた点。

この情報は物語において重要な転換点となり、後の展開への伏線となります。

柚希は、宮江恭一の遺体の発見状況と「変な家」の不可解な間取りとの間に、潜在的な関連性を指摘します。

この謎の女性と彼女が抱える過去の事件は、物語の中で中心的な謎の一つとして、次第に解き明かされていきます​​​​。

間宮祥太朗出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
間宮祥太朗

▲かんたん登録分で完了▲

柚希と綾乃の関係

『変な家』の物語において、柚希と綾乃という二人の女性の関係が重要になってきます。

当初、柚希はフリーライターに接触し、自らを『変な家』の住人に夫が殺された可能性があると主張する、謎の女性として登場。

しかし、物語が進むにつれて、彼女が実は『変な家』の住人・片淵綾乃の妹であることが明らかになります。

柚希は10歳の時に綾乃が突然失踪したことを語り、その後の綾乃の人生についても詳細を明かします。

綾乃はその後、慶太という男性と結婚し、子どもをもうけて埼玉で生活していました。

彼女たちが東京に引っ越してきた後、柚希は13年ぶりに綾乃と再会しますが、その後再び綾乃との連絡が途絶えてしまいます。

殺人と「左手供養」の伝説

『変な家』の物語は、次に「左手供養」という不気味な家族の伝承を中心に展開。

この伝説は、片淵家に代々受け継がれる、残酷な儀式と秘密を含んでいます。

柚希がフリーライターとのやり取りの中で「左手供養」について語ります。

この儀式には、左手のない子どもが生まれた際に、特定の年齢に達するまで隠して育て、その後殺人を実行させるという恐ろしい内容が含まれていました。

この伝説の中で、左手のない子どもは10歳になった時、清吉の血を引く人間を殺し、その左手首を切り取ることが求められます。

切り取った左手は潮の仏壇に供えられ、その子どもは13歳になるまで年に一度殺人の儀式を行うことが定められていました。

この残酷な儀式は、片淵家の内部で行われ、一族の暗い歴史と繋がっています。

物語はこの「左手供養」の真実を追い、謎を解き明かしていく過程で、家族間の裏切り、秘密、そして禁忌に迫っていきます​​。

片淵家の歴史と内部対立

変な家3

『変な家』の物語において、片淵家の歴史とその内部での対立は重要な背景要素。

物語は、片淵家の祖先・片淵嘉永が、家族の運命を大きく左右する決断を下すところから始まります。

嘉永は、正妻との間の長男・宗一郎を跡取りに選びますが、妾の子である清吉が宗一郎よりも優秀であったのでした。

清吉は独立して成功し、分家を設立。

一方、宗一郎は妹の千鶴との不義の関係を持ち、その結果生まれた双子の一人が左手のない障害を持って生まれます。

これを「潮の呪い」と考えた宗一郎は、双子が3歳になった際、蘭鏡という呪術師から「左手供養」の儀式を行うよう説得されます。

この「左手供養」は、実際には清吉の分家への復讐と、自らの跡取りを守るための手段であり、家族内の対立と裏切りの歴史を象徴しています。

この伝説は片淵家の歴史を通じて引き継がれるのでした。

綾乃の運命と結末

綾乃は片淵家の「左手供養」の伝統に縛られた生活を送り、最終的にこの重荷から逃れる道を選びます。

彼女は、慶太と結婚し、一人息子の桃弥を持つも、片淵家の暗い過去と伝統からは自由になれませんでした。

物語のクライマックスでは、綾乃は桃弥を連れて片淵家から独立し、新たな生活を始めます。

しかし、彼女の夫・慶太は、重治と清次を殺害し、その後自首するという絶望的な選択をします。

この事件の後、綾乃と桃弥は善江のマンションに身を寄せ、平穏な生活を送ることに。

綾乃の物語の結末は、片淵家の過去に対する一種の決着を示すものであり、同時に家族内の複雑な緊張関係と秘密が解決されることなく残されることになります。

物語の結末は、栗原のさらなる恐ろしい考察と共に、多くの謎を残したまま終わります。

『変な家』は実話に基づくものなのか?

『変な家』は、覆面作家・雨穴によるフィクションのミステリー小説。

この物語のリアルな設定と緻密なプロットは、読者に「実話に基づいているのでは?」と思わせるほど。

しかし、実際には、この物語は完全に創作されたもので、実際の事件や実在の人物には基づいていません。

この物語の舞台裏には、作者の想像力と創造性がたっぷりと注がれています。

特に、家の間取りや「左手供養」といった独特な要素は、読者の好奇心を引きつけ、物語の世界に深く引き込む効果を持っています。

また、家族の秘密や過去のトラウマといったテーマは、フィクションながらもリアリティを感じさせます。

『変な家』は実話ではありませんが、その物語の中に描かれる人間の感情や対立は、私たちの現実世界にも共通する普遍的なもの。

この作品は、想像力豊かな物語を通して、読者に新たな視点と深い思索を提供してくれます。

間宮祥太朗出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
間宮祥太朗

▲かんたん登録分で完了▲

『変な家』の家系図

変な家 家系図

ここでは原作の登場人物について、かなりわかりにくいので家系図を作成してみました。

正直なところ、これを見ながらでもなかなか理解するのが難しいかもしれません。

今回のネタバレについても、登場人物が多いのでぜひ活用してみてください。

私の中の理解で作成した家系図になるので、間違っているところがあればご指摘お願いします。

『変な家』の登場人物一覧

『変な家』は著者・雨穴によるミステリー小説で、2024年3月15日に映画化される予定です。

この作品の魅力の一つは、個性豊かな登場人物たちです。

以下に、主要な登場人物を紹介します。

※2024年1月7日現在の情報ですが、キャストや登場人物について追加情報が入り次第、追記していきます。

雨宮

キャスト:間宮祥太朗

人物紹介:「雨男」として知られるオカルト専門の動画クリエイター。マネージャーから変な家の間取りについて相談を受け、物語の中心人物となります​​​​。

栗原

キャスト名:佐藤二朗

人物紹介:大手設計事務所に勤める設計士で、オカルト好き。雨宮のオカルトネタの提供者として登場し、奇妙な違和感を感じる重要な役割を担います​​。

宮江柚希

キャスト名:川栄李奈

人物紹介:ある死体遺棄事件と「変な家」の関連性を疑った雨宮の動画を見た後、彼に連絡を取る重要なキャラクター。この家について重要な情報を持っています​​​​。

柳岡

キャスト名:不明

人物紹介:都内の中古一軒家の購入を検討している雨穴の知人。物語の始まりで、不可解な間取りの謎解きを雨穴に依頼します​​。

この映画では、これらのキャラクターが複雑に絡み合いながら物語を進行させます。

彼らの行動と選択が、映画『変な家』の鍵となる謎を解き明かしていくことになります。

間宮祥太朗出演作品を
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
間宮祥太朗

▲かんたん登録分で完了▲

まとめ

映画『変な家』の原作ネタバレ記事を通して、不可解な家の間取りと、その裏に隠された謎を深く掘り下げて解説しました。

この記事では、実話のようなリアリティを持つ雨穴の物語が、犯人探しと結末までをどう描き出しているのかを詳細に解説しています。

物語の核心は、左手がない遺体の謎と仏壇の意味、そして家系図に隠された家族の秘密にあります。

また、窓のない部屋が物語の最後にどのような意味を持つのかも重要なポイントです。

このミステリー小説は、単なる犯人探しを超え、家族の絆、秘密、そして過去を深く探求する作品です。

-ドラマ・映画関連