海外映画

映画『ジョジョ・ラビット』のネタバレあらすじを徹底解説!キャプテンKはかっこいい!?

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

映画『ジョジョ・ラビット』のネタバレあらすじを徹底解説!キャプテンKはかっこいい!?

第92回アカデミー賞で、6部門にノミネートされ、見事「アカデミー脚色賞」を受賞した『ジョジョ・ラビット』!

アカデミー賞にノミネート、受賞した作品のため話題となった作品ですので、実際の感想や評価も気になりますね。

『ジョジョ・ラビット』のあらすじからネタバレまで、意味深なシーンの考察、映画の時代設定やキャストなどと合わせて紹介します。

かっこいい!と話題になった「キャプテンK」についても掘り下げてますので、最後までご覧ください。

この記事はネタバレを含みますので、ネタバレ厳禁の方はご注意ください。

笑いと涙の反戦コメディ
映画『ジョジョ・ラビット』を

\30日間無料トライアル/

映画『ジョジョ・ラビット』の配信状況

VODサービス名 月額料金(税込) 無料トライアル期間

Amazonプライムビデオ
600円
(Amazonプライム会員料金)
30日間 今すぐ見てみる

Hulu
1,026円 30日間
※条件あり
今すぐ見てみる

Disney+ (ディズニープラス)
990円 なし 今すぐ見てみる
TELASA
TELASA
618円 14日間 今すぐ見てみる

映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ

舞台は第二次世界大戦中のドイツ。

ドイツ人のジョジョは、ヒトラーを尊敬しており、幼いながらに国に貢献するため兵士を志しています。

そんな彼には、イマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラーがおり、度々からかわれたりいじめられた時、いつも心強く励ましの言葉をかけてくれるヒトラーは、ジョジョの心の支えとなっていました。

ある日、母親が屋根裏にユダヤ人の少女をかくまっているのをみつけてしまいます。

ヒトラーの政治の考えに疑問や不信感など一切なく、純粋な心で忠誠心を持っていたジョジョは、教えられた事実とは異なるユダヤ人を目の当たりにし、政治的考えが変わり、ヒトラーのナショナリズムと向き合うことに…。

映画『ジョジョ・ラビット』のネタバレ

10歳の少年ジョジョは、戦場に参加するための訓練をする合宿に参加しますが、気弱なジョジョは周囲に置いていかれ、臆病者のうさぎという意味の「ジョジョ・ラビット」と馬鹿にされていました。

ジョジョは自信を奮い立たせるために、イマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラーに応援されながら訓練を続けていましたが、手りゅう弾が足元で爆発し負傷してしまい、自宅で療養することに。

ジョジョの母は、いつも明るくたのしい気分にさせてくれる存在でしたが、反ナチス運動をしていました。

ある日、なくなった姉の部屋の部屋に、ユダヤ人のエルサが隠れているのを見つけてしまいます。

ヒトラーに忠誠を誓うジョジョは戸惑いますが、自身の知っているユダヤ人ではないエルサに興味を持ちエルサを隠し通すことに。

エルサとジョジョは何度か窮地に陥りますが、キャプテンKが見逃してくれ不問に終わったり、戦争が終わりドイツ兵が捕虜として捕まった時に、ジョジョが解放されるよう「ユダヤ人がまぎれている」と声をあげたりと、キャプテンKに助けられます。

最後、自宅に戻ったジョジョは、エルサと外でダンスを踊って映画は終わります。

\30日間無料トライアル/

キャプテンKの役割とキャラクター考察

キャプテンKは、映画の冒頭では絶対的な存在で怖いと思うような存在です。

ですが、物語が進むにつれてエルサに身分証を提示するよう求めた際に、エルサは微妙に生年月日を間違えてしまい、なりすましをしていることに気付きます。

そこでエルサを拘束せず、見逃すところから彼はドイツ兵ながらも「政府の犬」ではなかったことが分かります。

最後にジョジョを解放するために行った行動からも、彼は「弱きものを守る立場である」という信念が感じられました。

父がいなくなってしまったジョジョにとって、反ナチス運動をしていたと思われるジョジョの父のように「守る」ということを教えてくれる存在、役割だったのではないかと思われます。

映画『ジョジョ・ラビット』が伝えたいメッセージとは?

『ジョジョ・ラビット』は、自身が信じる思想などが本当に正しいのか、信じる為に必要な情報を見れているのか考えさせる映画だと思われます。

幼く純粋がゆえに、正しい判断ができない少年が、自分の信じる事柄以外のものを見た時に、いままでの信念が崩れてしまった所から、多面的に物事がみれていないと引き起こされる考えの偏りがとても分かりやすかったと思います。

そして、ジョジョの母親ロージーが、反ナチス運動を行っていながら、ジョジョに助言をしたり、自身の考えを明かさない姿から、誰かに教えてもらうものではなく自身で養うことが大切ということも映画を通して伝えたかったことではないでしょうか。

誰かに説得してもらって飲み込んだことより、自身で調べて取り入れたことの方がはるかに記憶に残りますし、自身の信念の一部になりますよね!

世界平和を主張しつつ、世の中の物事の判断力について監督は伝えたかったのではと思います。

\30日間無料トライアル/

ナチスドイツと第二次世界大戦の歴史的背景

第二次世界大戦

映画『ジョジョ・ラビット』は、第二次世界大戦中のドイツを舞台とした作品ですが、戦争を取り扱う映画としては珍しく心温まる作品となっています。

しかしながら、この映画はフィクションであり、実際には壮絶で悲惨な歴史的事件が存在します。

この記事では、映画の理解を深めるために、歴史背景を解説します。

第二次世界大戦の概要

第二次世界大戦とは、一般には、1939年9月の英独戦争に始まり、1941年6月の独ソ戦争、同年12月の太平洋戦争を経て、1945年5月ドイツの、同年8月日本の降伏で終わる戦争のことを指します。

第二次世界大戦中のドイツでは、ナチ党が政権を獲得し、アドルフ・ヒトラー指導の下、反ユダヤ主義のもとホロコースト政策が行われました。

この政策で悲惨な歴史へとつながって行きます。

ナチスドイツの社会と政治

ヒトラーが権力を掌握後、ドイツ国内のユダヤ人へ迫害を開始。

これがホロコーストと呼ばれる政策です。

ユダヤ人以外にも同性愛者や障碍者も対象となり大勢の人が犠牲となりました。

映画でジョジョが参加していた合宿は実際に存在した青年団で、ヒトラー青年団という少年たちを将来の戦闘員や兵士として鍛えることを目的に結成された準軍事組織でした。

少女たちは、ドイツ女子同盟という組織があり、将来妻や母親になるための準備を始めることを目的とした組織でした。

このヒトラー青年団とドイツ女子同盟は、組織を通じてナチスの思想を若者に吹き込み、既存の社会構造や伝統を崩すことだったのです。

映画における歴史要素

ジョジョが参加していたヒトラー・ユーゲントは、実際に存在していた青年団をモデルとしており、若者からナチスの思想を吹き込んでいたことを描いています。

ジョジョも例外なく、思想を吹き込まれている様子から、当時のドイツの政策が巧妙なものだったかが分かりますね。

また、ジョジョの母が反ナチス運動を行っていたように、当時のドイツでも反ナチス運動を行い抵抗していた人や組織があったことが分かります。

これにより、ジョジョのようにヒトラーを支持する者だけでなく批判する存在があったことを示しているのです。

第二次世界大戦の影響

第二次世界大戦がもたらしたこととして、多大なる犠牲者、ファシズム国家の敗北、核兵器の登場などの影響がありました。

核兵器の登場は現在も各国の抑止力となっていますが、水面下では、さらに威力のある兵器を開発することで自国が優位に経つための兵器として存在しています。

映画『ジョジョ・ラビット』の主要キャスト一覧

ジョジョ・ラビットに登場する人物の簡単な紹介と、演じているキャストについて紹介します!

ジョジョを演じているかわいらしい少年は誰なのか。

他の作品でも見たことがある、あのジョジョの母親は誰だろう。

男気を魅せてくれたキャプテンKはなんていう俳優なんだろう?

などキャストを一覧にして紹介していますのでご覧ください。

ヨハネス・"ジョジョ"・ベッツラー(ローマン・グリフィン・デイヴィス)

10歳のドイツの少年。

イマジナリーフレンドのアドルフ・ヒトラーが頭の中にいて勇気づけてくれる。

臆病なウサギという意味で「ジョジョ・ラビット」と呼ばれる。

エルサ・コール(トーマシン・マッケンジー)

ジョジョの母がかくまっていたユダヤ人の女の子。

ジョジョの思っていた恐ろしい人種ではなくごく一般的な女の子。

ジョジョのなくなった姉と友人だった。

ロージー・ベッツラー(スカーレット・ヨハンソン)

ジョジョの母。

反ナチス運動を行っており、自宅でユダヤ人少女を匿っている。

ジョジョに優しく寛容な心の持ち主。

物語の途中で、反ナチス運動を行っていたことが警察にばれてしまい公開処刑される。

アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)

ジョジョのイマジナリーフレンドで、周囲には見えない。

ジョジョが落ち込んだ時には励まし、前に進めるよう鼓舞してくれる存在。

キャプテンK(サム・ロックウェル)

ジョジョが参加していた合宿の指導者。

見た目は怖いが、ジョジョやエルサのピンチを度々救ってくれる優しい大尉。

ヨーキー(アーチ―・イェーツ)

ジョジョの友人。

\30日間無料トライアル/

映画『ジョジョ・ラビット』視聴者の感想と評価

ここでは、実際に映画を見た方の、ネットに投稿された感想・評価を紹介します!

 

映画『ジョジョ・ラビット』は、笑いと涙が同居する素晴らしい作品です。

ユーモアを交えながらも深いテーマに触れ、心に響くシーンが多くあります。

特に主演のローマン・グリフィン・デイヴィスとスカーレット・ヨハンソンの演技が光っていました。

監督のタイカ・ワイティティの独特な視点とユーモアが絶妙で、シリアスなテーマを見事に描き出しています。

戦争の悲惨さと人間の温かさを感じられる、感動的な作品でした。

まとめ

今回は『ジョジョ・ラビット』のあらすじ、ネタバレ、映画と史実の関係やキャストについて解説しました。

ネタバレの部分で解説した、ジョジョの母親が反ナチス運動をしていたことなど、この映画はフィクションながらも史実に基づいて描かれている部分があるため勉強にもなります。

そして第二次世界大戦中の話ですが、戦争の悲惨さだけでなく「愛」や「正しいことを見極める力」などについて描いており、戦争をメインに扱う映画としては珍しく心温まるストーリーです。

SNSに投稿された感想も高評価の意見がとても多く、たくさんの人の心に響いている作品であることが分かりました!

「戦争映画が苦手」という方もいると思いますが、本作品は悲惨さを重視して描かれていないので見やすいのではないかと思われます。

自分の信じているものは果たして多面的に見た結果、正しいと判断できているのか、自分を見つめなおすきっかけになる映画ではないでしょうか。

愛に溢れた素晴らしい映画『ジョジョ・ラビット』を是非見てみてください。

\30日間無料トライアル/

【ガチ比較】映画見放題VODサービスランキング

ここでは私がガチで比較した、厳選おすすめVODサービスランキングを紹介します!

こちらは料金や目的など、総合的に判断したランキングとなります。

U-NEXT

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

U-NEXTなら、映画、ドラマ、アニメが無限に楽しめる!

31日間の無料トライアルで最新作から名作まで幅広く視聴可能。

高画質で家族みんなのお気に入りも見つかるはず。

手軽にエンターテインメントの世界へ飛び込もう。

U-NEXTであなたの毎日をもっと豊かに、もっと楽しく。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ※商品リンクあり

Amazonプライムビデオでお気に入りの映画やドラマを無限に楽しもう!

新作から名作まで、豊富なラインナップを月額わずかで。

さらに、プライム会員なら配送料無料の特典も!

お家での映画ナイトも、通勤中のちょっとした息抜きも、Amazonプライムビデオがあればいつでもどこでも楽しめます。

今すぐチェックして、あなたの観たい作品を見つけましょう!

Hulu

【Hulu フールー】

Huluであなたのお家時間をもっと豊かにしましょう!

最新の海外ドラマから国内の人気シリーズ、映画まで、幅広いジャンルの作品を楽しめます。

リアルタイム配信もあり、見逃した番組もすぐにチェック。

また、Huluオリジナル作品も多数配信中!

どこでも、いつでも、あなたのスマホ、タブレット、テレビで、心ゆくまでエンターテイメントをお楽しみいただけます。

今すぐHuluを始めませんか?

-海外映画