ドラマ・映画関連

『義母と娘のブルース』続編2024の撮影場所&ロケ地はどこ?目撃情報も徹底調査!

2023年11月22日

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『義母と娘のブルース』続編2024の撮影場所&ロケ地はどこ?目撃情報も徹底調査!1

『義母と娘のブルース』の続編2024(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)の撮影場所に関する最新情報をお届けします。

この続編がどこで撮影されたのか、多くのファンが熱心に探しています。

2024年の新年を彩るこの特別なドラマのロケ地は、視聴者やドラマファンにとってはかなり興味のある部分ではないでしょうか。

今回は、義母と娘の絆を描くこのドラマの撮影場所やロケ地を徹底調査し、目撃情報や口コミも含めて詳細にレポートします。

『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)のロケ地や、撮影の裏側に迫る情報も満載です。

登場人物も一覧で紹介しますので、ドラマの魅力をさらに深く知るために、この記事をぜひお読みください。

義母と娘のブルースを
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
▲かんたん登録分で完了▲

『義母と娘のブルース続編2024』の撮影場所&ロケ地はどこ?


待望の『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)がついに帰ってきました。

この感動的な物語がどこで撮影されたのか、ファンなら誰もが知りたいはずです。

この記事では、ドラマの魅力的なシーンが生まれたであろう撮影場所とロケ地を、徹底調査しましたので紹介します。

また前回までに出現したロケ地の中で、今回も登場しそうな場所も予想ではありますが紹介します。

ドラマの世界にさらに深く入り込むために、この記事をぜひお読みください。

大岡山北口商店街

こちらはお馴染みの「ペーカリー麦田」のセットが組まれている商店街になります。

商店街の一部に店舗があるので、商店街自体も部分的に撮影に使用されています。

地図上では鍵屋さんですが、ドラマでは以下のような感じになります。

東京農工大学府中キャンパス

こちらはみゆきが通う明法大学になります。

実際は東京農工大学府中キャンパスになります。

大学に在学中の設定とのことなので、こちらの一部もドラマ内に登場するかと思います。

八景西公園

こちらはトラックベーカリー麦田がパンを販売していた公園になります。

トラックも登場するので、路上販売のシーンは今回もあると思います。

前回と変わっていなければ、こちらも登場するのではないかと思います。

上府中公園

こちらも上記の公園と同じで、トラックベーカリー麦田がパンを販売していた公園です。

今回も登場するのではないかと思います。

大岡山運送

こちらはドラマ内に登場する下山不動産の店舗となる建物になります。

下山和子がキャストに入っていることから、こちらもドラマに登場するのではないかと思います。

JPタワー(KITTE)

こちらは亜希子が勤めていたオフィスビルになります。

こちらはキャストに田口朝正が入っていることから、候補としてあげました。

こちらは他のロケ地候補と比べると、登場する可能性は低いかもしれません。

義母と娘のブルースを
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
▲かんたん登録分で完了▲

『義母と娘のブルース続編2024』の目撃情報や口コミは?

ここでは『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)の、目撃情報や口コミについて紹介します。

すでに撮影時は終了しているものと思われますが、ドラマ撮影の目撃情報や口コミはあるのでしょうか。

上記のような撮影に関する情報はありましたが、実際にキャストが目撃されたという情報や口コミは、2023年11月22日現在のところありません

また目撃情報や口コミが出てくれば、記事を更新していきますので、お楽しみに!

『義母と娘のブルース』のあらすじ

心温まる家族の絆を描いたドラマ『義母と娘のブルース』。

この物語は、キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)が、未亡人の父・良一(竹野内豊)とその娘・みゆき(上白石萌歌)と新しい家族を築く過程を描いています。

仕事一筋だった亜希子が、義母としての役割に奮闘しながら、みゆきとの関係を深めていく様子は、多くの視聴者の心に響き、大人気ドラマとなりました。

この記事では、『義母と娘のブルース』の感動的なストーリーを、その魅力と共に紹介します。

新しい家族の始まり

『義母と娘のブルース』は、主人公・亜希子(綾瀬はるか)が、未亡人の父・良一(竹野内豊)とその娘・みゆき(上白石萌歌)の家族になる物語です。

亜希子は仕事一筋のキャリアウーマンで、家庭生活には不慣れ。

しかし、良一との結婚を機に、みゆきの義母となり、家族としての絆を築いていく過程が描かれます。

最初は互いに距離を感じながらも、徐々に心を開いていく様子が温かく描かれています。

成長と変化の時

物語は、亜希子とみゆきの関係が徐々に深まる中で、家族としての試練や喜びを経験します。

みゆきが成長するにつれ、母親としての亜希子の役割も変化していきます。

学校での問題、初恋、友情など、みゆきの成長に伴う様々な出来事が家族の絆を試すことに。

亜希子自身も、仕事と家庭のバランス、母親としての自分を見つめ直す機会に直面します。

家族の絆と未来への一歩

ドラマは、家族の絆の強さと、それぞれの成長を描きながらクライマックスを迎えます。

亜希子とみゆき、そして良一は、多くの困難を乗り越え、お互いを深く理解し合うようになります。

最終的には、家族としての新たな一歩を踏み出すことに。

ドラマは、家族の愛、理解、そして成長の物語として、多くの視聴者に感動を与えました。

『義母と娘のブルース続編2024』の登場人物一覧

ここでは『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)の登場人物一覧と、登場人物を簡単に紹介します。

できれば過去の放送分を見てから、今回のドラマを見た方がより楽しめると思いますが、どうしても見られない場合は、こちらの方も参考にドラマ概要を頭に入れておいてください。

登場人物名 キャスト 登場人物紹介
宮本亜希子 綾瀬はるか 仕事一筋のキャリアウーマンから一転、家庭に専念する義母。家族の絆を深めるため奮闘する。
宮本良一 竹野内豊 亜希子の優しい夫。亡き妻の後、娘のために再婚し、家族の平和を守る。
麦田 章 佐藤健 亜希子の職場の同僚であり、彼女の成長に影響を与える重要な人物。
宮本みゆき 上白石萌歌 亜希子の義理の娘。母の死後、新しい母親との関係に戸惑いながらも成長する。
黒田大樹 井之脇海 みゆきの小学校のクラスメイトで、パン屋のリニューアルオープンにも協力する。
桜 向日葵 吉川愛 みゆきの所属するサークルの先輩。みゆきにとって頼れる存在。
矢野晴美 奥貫薫 亜希子の親友であり、彼女の家庭生活にアドバイスをする。
猪本寧々 真凛 良一の部下。過去にパン屋のリニューアルに協力した。
黒田博美 松下由樹 大樹の母親で、みゆきとの結婚には猛反対している。
黒田由紀夫 遠山俊也 黒田大樹の父親。息子・大樹に過保護すぎる妻・博美を心配している。
麦田 誠 宇梶剛士 章の父親で、亜希子に対して厳しい意見を持つことも。
田口朝正 浅利陽介 亜希子の元部下。彼女の仕事と家庭のバランスに理解を示す。
笠原廣之進 浅野和之 良一の元上司。桜金属の部長。
下山和子 麻生祐未 下山不動産を経営している。ベーカリー麦田の家賃滞納に困っている。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)の撮影場所とロケ地について、私独自の予想がメインになってしまいましたが紹介しました。

ドラマの魅力的なシーンがどこで生まれるのか、目撃情報や口コミを含めて、『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)のロケ地を余すところなくお届けしました。

さらに、ドラマの登場人物一覧も紹介し、過去の物語の概要が少しでも理解して頂けたら幸いです。

この記事を通して、『義母と娘のブルース続編2024』(『義母と娘のブルースFINAL 2024年謹賀新年スペシャル』)の撮影場所や、ロケ地の魅力に触れ、ドラマの世界にさらに入り込めたのではないでしょうか。

今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました!

義母と娘のブルースを
U-NEXTで見てみる
31日間の無料トライアル
【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
▲かんたん登録分で完了▲

-ドラマ・映画関連