国内ドラマ

『花咲舞が黙ってない』相関図つきでネタバレを結末まで解説!キャスト変更の理由とは?

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『花咲舞が黙ってない』相関図つきでネタバレを結末まで解説!キャスト変更の理由とは?

ドラマ『花咲舞が黙ってない』が放送前から既に話題沸騰ですよね。

特に注目を集めているのが、その衝撃のラスト結末と、今田美桜さんをはじめとする豪華キャストの変更。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』のネタバレあらすじにも注目されている方も多いことでしょう。

多くのファンが、ドラマのあらすじや相関図を追い、最終回にどんな結末が待ち受けているのか、そしてなぜキャスト変更があったのかについて、考えられているように思います。

でも心配無用です。

この記事では、ドラマ『花咲舞が黙ってない』のネタバレからキャスト変更の理由、そして登場人物たちがどのように絡み合っていくのかまで、相関図つきでラスト結末に至るまでしっかり解説していきます。

ドラマファンならではの悩みや疑問を一緒に解決していきましょう。

地位なし、権力なし、怖いものなし
『花咲舞が黙ってない』を

簡単3分で登録完了!

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の配信状況

VODサービス名 月額料金(税込) 無料トライアル期間

Hulu
1,026円 30日間
※条件あり
今すぐ見てみる
TVer
TVer
無料 なし 今すぐ見てみる

ドラマ『花咲舞が黙ってない』のあらすじ

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の新シリーズでは、今田美桜さんが主演を務める花咲舞が、東京第一銀行の窓口係から本部の支店統括部臨店班へと突然異動させられます。

新たな相棒となる相馬健(山本耕史さん)はやる気がないものの、舞はエリート女性行員昇仙峡玲子(菊地凛子さん)に憧れ、大抜擢と意気込みます。

しかし、臨店班の仕事が実際には皆から嫌われる問題解決と指導であることを知り、ショックを受けます。

最初の臨店先が古巣の羽田支店であること、そして苦手な先輩、根津京香(栗山千明さん)との再会もあり、花咲舞と相馬健の凸凹コンビが銀行内のトラブル解決に乗り出す物語が展開。

特に興味深いのは、羽田支店での内部告発から始まる謎解き。

臨店2日目に、藤枝支店長と取引先の株式会社エトランとの癒着を疑う内部告発のメモが届き、花咲舞と相馬健は行員たちへの聞き取り調査を開始します。

この調査を通じて、彼らはエトランへの不自然な融資や不審な外注費の支払いを発見し、問題の真相に迫っていきます。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の相関図と登場人物キャスト一覧

ドラマ『花咲舞が黙ってない』では、新たなキャストが登場し、既存のファンはもちろん、新しい視聴者も楽しめるような魅力的な人物たちが描かれています。

以下は、主な登場人物とそのキャスト一覧です。

相関図と合わせて紹介します。

花咲舞が黙ってない 相関図引用:公式HP

花咲舞(はなさきまい)演:今田美桜

東京第一銀行の臨店班に勤める銀行員。

間違いを徹底的に追及する正義感溢れるキャラクターです。

相馬健(そうま けん)演:山本耕史

花咲舞の上司で、臨店班に勤める銀行員。

かつての出世をあきらめた元融資マンで、花咲舞と共に様々な問題を解決していきます。

昇仙峡玲子(しょうせんきょう れいこ)演:菊地凛子

東京第一銀行本部・経営企画部に所属するスーパーエリート銀行員。

彼女が担う特命任務は、舞たちとの対立を引き起こします。

花咲健(はなさき けん)演:上川隆也

花咲舞の叔父で、「酒肴処・花さき」の店主。

舞とは親子以上に色々言い合える関係です。

地位なし、権力なし、怖いものなし
『花咲舞が黙ってない』を

簡単3分で登録完了!

ドラマ『花咲舞が黙ってない』のネタバレを最終回ラスト結末まで解説!

『花咲舞が黙ってない』の最新シリーズが、ついに幕を開けます。

放送前から既に、その結末に向けての期待は高まる一方。今田美桜さん演じる花咲舞が、どんな正義感溢れる活躍を見せてくれるのか、そして、どのようなサプライズが待ち受けているのか。

この記事では、そんな待望のドラマのネタバレを、ラスト結末までしっかりと解説します。

第一話 今度の敵は女!?

『花咲舞が黙ってない』第1話は、主人公の花咲舞が銀行のお客様相談室で働くところから始まります。

舞は非常に正義感が強く、お客様の問題解決に情熱を燃やしています。

この話では、高齢の夫婦がオレオレ詐欺の被害に遭いそうになる事案が持ち込まれます。

事の発端は、夫婦が息子を名乗る人物から「事故を起こしたのでお金が必要だ」と電話を受けたこと。

この電話に対して、夫婦は銀行で大金を引き出そうと試みますが、舞がこれを阻止。

舞は詳細を聞き出し、警察に通報すると同時に、夫婦にこの種の詐欺の手口を説明します。

しかし、この事件をきっかけに、舞は銀行内部の問題にも気付き始めます。

なんと、詐欺師たちと内通している銀行員がいることが疑われるのです。

舞はこの疑惑を追求するため、監視カメラの映像を調べたり、関連する人物を秘密裏に尾行します。

クライマックスでは、舞が詐欺グループと内通していた銀行員の証拠をつかみ、彼らを追い詰めるシーンが描かれます。

ただ、これによって舞自身も危険な立場に置かれることに。

上司や同僚たちは舞の行動を快く思わず、彼女を孤立させようとします。

⇡目次へ戻る

第二話 銀行の裏切り!?

第2話では、銀行の客の口座から大金が引き出される事件が発生。

主人公の花咲舞は、この事件の解決に乗り出します。

事件の鍵は「内部の人間が関与している」という疑惑。

舞はまず、事件発生時の監視カメラ映像を確認。

しかし、その映像には何も怪しい動きが記録されていませんでした。

次に、舞は事件発生日に行われた銀行のコンピューターのログデータを調べます。

すると、ある不審なアクセスログを発見。

このログから、舞は不正アクセスが行われたこと、そしてそれが内部の特定の端末からだったことを突き止めます。

さらに深堀りすると、その端末は銀行の一部の高級職員しか使用できないものであることが判明。

舞はさらに調査を進め、カメラ映像に写っていなかった夜間に、犯人が端末を使用したことを確信します。

そして、舞は犯人が銀行内の信用できるはずの人物、つまり高級職員の一人であることを突き止めます。

最終的に舞は、この職員が個人的な負債のために顧客の金を横領していたことを明らかにします。

この一連の事件を通じて、舞の冷静かつ鋭い洞察力が光りますが、同時に銀行としてのセキュリティの甘さも露呈され、それが今後の大きな課題として残されます。

⇡目次へ戻る

第三話 汚された夢!?

第3話では、花咲舞と相馬健が銀座支店で起きた融資トラブルを調査。

海水を真水に変える技術を持つベンチャー企業「アクアソート」と、その振込先である怪しげなコンサル会社「シンバシサービス」があります。

シンバシサービスの背後には反社会的勢力の影があり、アクアソートが無意識に詐欺行為に加担している可能性が浮かび上がります。

舞たちはアクアソートの常務、土屋から情報を得るため詳しい調査を進めます。

土屋は当初、シンバシサービスがただのコンサル会社であると説明しますが、その実態は詐欺で得た資金をマネーロンダリングするための隠れ蓑であることが判明。

さらに、アクアソートがシンバシサービスに巨額の金を支払っていることが発覚し、その資金の出所が詐欺によるものであることが明らかに。

事態の真相を突き止めた舞は、アクアソートとシンバシサービスの関係を断ち切るよう田沼社長に迫ります。

しかし、その背後には過去の支店長が関与しており、彼が借金のためにアクアソートを利用していたことが判明。

最終的に、花咲舞は銀行の上層部によって報告書の書き換えを強いられますが、彼女は正義を貫く決意を新たにし、事件の全貌を暴くことを誓います。

⇡目次へ戻る

第四話 因縁のアイツ!?

第4話では、花咲舞と相馬健が府中支店の臨店中に舞の元カレ、平井勇磨と偶然再会。

平井は現在、自分の父親が築いた会社の若きトップとして業績アップを目指していますが、東京第一銀行から出向した助川信次との間に何かと問題が生じている様子。

夜になり、平井は相談事を持ちかけるために舞の叔父が経営する居酒屋「花さき」を訪れます。

そこで助川が会社を乗っ取ろうとしている疑いがあること、そしてその背後に何があるのかが判然としないことを打ち明けます。

舞と相馬は、連休を利用して平井エンジニアリングを訪問し、さらなる調査を行うことに決めます。

訪問時、舞と相馬は会社の経理状況を調査し、過去1年間で2000万円分の経費領収書がなくなっていることを発見。

この領収書が消え始めた時期は、経理課長だった菊池一男が突然工場のライン作業に異動させられた時期と重なっており、舞たちは菊池に話を聞きます。

菊池は助川からの圧力により異動させられ、今は退職を考えていると語ります。

舞は菊池からさらに情報を得るため、彼に協力を依頼。

菊池は一度は断りますが、舞の熱意に心を動かされ、最終的には重要なヒントを...。

⇡目次へ戻る

第五話 湯けむりの攻防!?

第5話では、舞と相馬が金融庁の厳しい監査を受けることになります。

監査官の青田は特に中野支店に注目し、支店長や職員たちに対して徹底的な調査を行います。

彼の方法は非常に厳しく、どうやら個人的な感情が入っているようにも見えます。

青田は書類の隠蔽やデータの改ざんを強要しようとしますが、舞と相馬は事前に彼の動きを察知していました。

舞は青田が不正を強要する場面を仕掛けたレコーダーで録音しており、その音声データが決定的な証拠となります。

一方、相馬は内通者がいることも見抜いており、その内通者を利用して青田をおびき寄せる計画を実行。

青田が最終的に自らの不正行為を自白し、その結果、職を追われることに。

このエピソードでは、舞と相馬のチームワークと策略が光ります。

二人は不正を許さず、常に一歩先を読む洞察力を発揮して、正義を守るために戦います。

⇡目次へ戻る

第六話 死んでいない恋人!?

第6話では、職場内セクハラ問題が中心となります。

舞の同期で親友の女性行員がセクハラで苦しんでおり、この問題が週刊誌の記事を通じて公に。

この記事を書いた舞は、記事公開後に支持を表明する複数のメールを受け取ります。

これらのメールは、舞が行動を起こすきっかけに。

事件の加害者である大前次長は、被害者である奈津子に対して問題を隠蔽するよう圧力をかけます。

しかし、舞はこの状況をただ見過ごすことができず、奈津子を支援するために前面に立ちます。

舞と相馬は、セクハラ被害を公表し、加害者に対する処分を求めるために証拠を集めます。

相馬もこの問題に積極的に介入し、大前が過去に奈津子に与えていた不当な低評価の背景を調査。

彼の調査から、大前がセクハラ行為を繰り返していたことが明らかになります。

舞と相馬の共同作業により、最終的には大前は懲戒免職となり、正義が実現される展開となります​。

⇡目次へ戻る

第七話 犯行の動機は銀行!?

第7話では、四谷支店付近で二つの大事件が発生。

まず、無差別殺傷事件が起こり、その後にガス爆発事故が発生します。

この二つの事件は一見無関係に見えますが、調査を進めるうちに、両事件に共通の糸が見え始めます。

舞と相馬は四谷支店での臨店作業中に、かつての同僚である小夜子と再会します。

小夜子は間もなく海外での仕事のために退職する予定ですが、そんな中で事件が起こります。

舞と相馬は事件の調査に乗り出しますが、それにより銀行内の深い問題が浮き彫りに。

無差別殺傷事件の犯人は、四谷支店で融資の申請をしていた富樫研也で、彼の融資が断られたことが事件の動機の一つであることが判明します。

また、ガス爆発事故の背後には、舟町ガスという会社の不正があり、この会社には四谷支店が融資を行っていました。

舟町ガスは重大な欠陥を隠蔽しており、その事実が災害につながったのです。

これらの事件を通じて、銀行が直面している倫理的な問題や、内部の問題がどのように外部のトラブルに影響を与えるかが描かれます。

舞と相馬は、銀行としての責任と正義を問う重要な役割を担います。

⇡目次へ戻る

第八話

※こちらの記事は、各話放送後に追記します。

地位なし、権力なし、怖いものなし
『花咲舞が黙ってない』を

簡単3分で登録完了!

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の見どころ

『花咲舞が黙ってない』の新シリーズでは、今田美桜さんが主演を務め、豪華キャストと共演することが大きな見どころの一つです。

山本耕史さんが演じる相馬健は、かつての出世コースから外れた“あきらめた男”であり、花咲舞との名バディとして、前作を超えるコミカルなやり取りを展開。

また、菊地凛子さん演じる昇仙峡玲子は、銀行の利益のために不祥事を洗い出して潰して隠蔽する、特命任務に就くエリート女性行員で、彼女たちとの緊張感ある関係も見どころの一つです。

さらに、このドラマは単なるエンターテインメントに留まらず、銀行業界に潜む問題や社会的な不正に鋭いメッセージを投げかける社会派ドラマとしての側面も持ち合わせています。

今田美桜さんが演じる花咲舞が正義感溢れる行動で不祥事を解決に導く様子を通じて、現代社会における倫理観や正義について視聴者に問いかけます。

今田美桜さんの新たな魅力を発見できるこのドラマは、社会的テーマを深掘りし、キャスト間の新たな化学反応を期待させる内容となっており、多くの視聴者を引きつけることでしょう。

今田美桜さんと豪華キャストの共演が生み出す化学反応にも、ぜひ注目してみてください。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』はなぜキャスト変更をしたのか?

ドラマ『花咲舞が黙ってない』 第二弾引用:Webザテレビジョン

ドラマ『花咲舞が黙ってない』のキャスト変更にはいくつかの理由があります。

一つ目の理由は、相馬健役を演じる上川隆也さんから山本耕史さんへの変更が、新しい花咲舞のキャスティングに伴うものだと考えられます。

この変更は、シリーズに新鮮な息吹を吹き込み、新しい主役に合わせたダイナミックな変化を意図したものでしょうか。

また、元の花咲舞を演じた杏さんが現在フランスに住んでおり、ドラマの撮影スケジュールと家庭の責任を両立することが難しいため、彼女が役を再演しなかった可能性があります。

さらに、前作で花咲舞の父親役を務めた大杉漣さんの逝去も、キャスト全体を一新する決断に影響を与えた可能性が指摘されています。

ファンからは、大杉さんのような重要な役者が欠けることにより、キャストを全面的に刷新する方が作品に新しいエネルギーをもたらすという声もありました​。

キャストの一新は、シリーズを再活性化し、さらに広い視聴者層を引きつけるための意図的な戦略でもあります。

特に、新しい主役に今田美桜さんを迎えることで、既存のファンベースを維持しつつ、若年層の新しいファン層を獲得することを目指しています。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の感想や口コミ

『花咲舞が黙ってない』の新シリーズが、もうすぐスタートしますね。

ネット上では、放送前から期待の声や憶測で盛り上がっています。

今田美桜さんが新たな花咲舞を演じることになり、ファンの間ではどんな新風を吹き込むのか、そして物語のどんな展開が待っているのか、早くも話題沸騰です。

今回の記事では、そんな視聴者の期待や不安、希望に満ちた声を集めてみました。

※こちらの記事は、各話放送後に追記します。

地位なし、権力なし、怖いものなし
『花咲舞が黙ってない』を

簡単3分で登録完了!

まとめ

本記事では、ドラマ『花咲舞が黙ってない』について、視聴者が最も関心を寄せるネタバレや登場人物、ストーリーの展開を相関図つきで簡潔にまとめました。

特に注目すべきポイントは以下の通りです。

  • 主人公・花咲舞の成長と挑戦
  • 相馬健との複雑な関係性
  • 昇仙峡玲子との対立の行方

これらの要素が、『花咲舞が黙ってない』のドラマをより一層魅力的にしています。

今後の展開にどのような影響を与えるのか、ファンならずとも目が離せません。

2024年春ドラマ

>>ドラマ『366日』に関する記事はこちら

>>ドラマ『Destiny』に関する記事はこちら

>>ドラマ『くるり〜誰が私と恋をした?〜』に関する記事はこちら

>>ドラマ『からかい上手の高木さん』に関する記事はこちら

>>ドラマ『ブルーモーメント』に関する記事はこちら

>>ドラマ『Believe-君にかける橋-』に関する記事はこちら

>>ドラマ『イップス』に関する記事はこちら

>>ドラマ『アンチヒーロー』に関する記事はこちら

【ガチ比較】映画見放題VODサービスランキング

ここでは私がガチで比較した、厳選おすすめVODサービスランキングを紹介します!

こちらは料金や目的など、総合的に判断したランキングとなります。

U-NEXT

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

U-NEXTなら、映画、ドラマ、アニメが無限に楽しめる!

31日間の無料トライアルで最新作から名作まで幅広く視聴可能。

高画質で家族みんなのお気に入りも見つかるはず。

手軽にエンターテインメントの世界へ飛び込もう。

U-NEXTであなたの毎日をもっと豊かに、もっと楽しく。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ※商品リンクあり

Amazonプライムビデオでお気に入りの映画やドラマを無限に楽しもう!

新作から名作まで、豊富なラインナップを月額わずかで。

さらに、プライム会員なら配送料無料の特典も!

お家での映画ナイトも、通勤中のちょっとした息抜きも、Amazonプライムビデオがあればいつでもどこでも楽しめます。

今すぐチェックして、あなたの観たい作品を見つけましょう!

Hulu

【Hulu フールー】

Huluであなたのお家時間をもっと豊かにしましょう!

最新の海外ドラマから国内の人気シリーズ、映画まで、幅広いジャンルの作品を楽しめます。

リアルタイム配信もあり、見逃した番組もすぐにチェック。

また、Huluオリジナル作品も多数配信中!

どこでも、いつでも、あなたのスマホ、タブレット、テレビで、心ゆくまでエンターテイメントをお楽しみいただけます。

今すぐHuluを始めませんか?

-国内ドラマ