国内ドラマ

ドラマ『ブルーモーメント』ネタバレを最終回結末まで解説!相関図付きで登場人物も紹介!

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ドラマ『ブルーモーメント』ネタバレを最終回結末まで解説!相関図付きで登場人物も紹介!

ドラマ『ブルーモーメント』の放送前から、ドラマのあらすじや山下智久さんが演じる主人公と、ヒロインとの関係がどうなっていくのか気になっていませんか?

登場人物たちの複雑な繋がりや、どう展開していくのか、最終回のラストまでどんな結末を迎えるのか、気になって夜も眠れない…そんなあなたに朗報です!

ドラマ『ブルーモーメント』のネタバレから相関図付きで登場人物まで、すべて詳しく解説します。

ドラマの魅力に更に深くハマりたい、最終回の結末を知りたい、そんな方々へ向けて、私がその悩みを解決します。

登場人物紹介や相関図を通じて、その魅力を余すところなく伝えていきますよ。

ドラマ『ブルーモーメント』を

30日間無料トライアル

ドラマ『ブルーモーメント』の配信状況

VODサービス名 月額料金(税込) 無料トライアル期間

FODチャンネル For
Amazonプライムビデオ
600円+200円 30日間
※FODチャンネルは無料期間なし
今すぐ見てみる

FODプレミアム
976円 なし 今すぐ見てみる
TVer
TVer
無料 なし 今すぐ見てみる

ドラマ『ブルーモーメント』のあらすじ

『ブルーモーメント』は、主演に山下智久さんを迎え、2024年4月24日からフジテレビ系で毎週水曜22時に放送予定のドラマです。

この作品は、特別災害対策本部(SDM)の気象班チーフを務める晴原柑九朗(山下智久さん)が中心となり、気象研究所の予報研究部に新しく配属された新米研究助手・雲田彩(出口夏希さん)と共に、甚大な自然災害に立ち向かいながら人命を救う姿を描いています。

ドラマの中心となるのは、自然災害によって引き起こされる人々の生死を分ける緊迫した状況と、その中での人間ドラマ。

晴原の亡き婚約者のいとこである園部優吾(水上恒司さん)や、SDM本部で働く様々な専門家たちとの関わりを通して、チームワークの大切さや、人としての強さ、優しさを見せてくれます​ 。

物語の中で、晴原と彩は自然災害の前兆を読み解き、国民の生命を守るために奔走します。

特に印象的なのは、彼らが台風21号の災害現場での対応を巡り批判や個人的な過去と向き合いながら、それぞれが成長し、互いに支え合っていく様子です。

視聴者は、ドラマを通じて自然の脅威に立ち向かう人々の勇気と絆の深さを感じることができるでしょう​。

ドラマ『ブルーモーメント』のネタバレを最終回ラスト結末まで解説!

ドラマ『ブルーモーメント』、ただの気象予報ドラマじゃないんですよね。

晴原柑九朗とその仲間たちが自然災害とどう闘っていくのか、その先にある感動的な結末…。

まだ全話が配信されていない今、私たちの期待は最高潮に。

でも心配しないでください、ここでその興奮を共有しましょう。

『ブルーモーメント』のネタバレを最終回結末まで解説する記事で、あなたの好奇心を満たしますよ!

第一話 空をよんで命を救え!災害対策本部SDM始動!

第1話では、主人公の気象庁気象研究所の研究官・晴原柑九朗が、「ハルカン」としてテレビのお天気コーナーに出演しながら、その裏で気象災害から人命を守る特別災害対策本部(SDM)のメンバーとして活動しています。

晴原のもとに新たに派遣された助手・雲田彩は、そのはじめは晴原から厳しい言葉を浴びせられますが、彼女もまた、強い意志を持ち合わせており、晴原に堂々と反論します。

このエピソードで、SDMの設立が公表され、晴原が気象班の統括責任者に任命されることが明らかになります。

雲田は晴原の助手として、彼の上司である上野香澄によって採用されます。

SDMの設立と同時に、福島県北部で急激な悪天候による雪崩が発生し、多数の遭難者が出るという緊急事態が発生。

晴原は迷わずSDMの出動を決定し、雲田もまた上野の指示により彼と共に現場へ向かいます。

現場では、晴原と雲田をはじめとするSDMのメンバーたちが救助活動を展開。

彼らは雪崩の影響で遭難した登山者たちの捜索と救助を行いますが、SDM自体がまだ試験運用段階であるため、大きなミスが一つでも発生すれば、その活動が正式に認められないリスクを背負っての作戦となります。

⇡目次へ戻る

第二話 猛吹雪の中ヘリ出動!リミット9分の救出劇!

第2話の『ブルーモーメント』では、特別災害対策本部(SDM)が遭難した親子と、滑落してしまった消防班責任者の佐竹尚人、一般の遭難者を救出するために奮闘します。

救助隊員としての判断が重要な役割を果たしますが、特に園部優吾の決断に注目。

救出作戦は複雑で、SDMチームは一方で吹雪に巻き込まれた親子の救助を試みながら、もう一方で崖下に滑落した佐竹と他の遭難者を救う計画を立てます。

気象条件の急変と時間の制約の中、晴原柑九朗は気象データを基に救助のタイミングを見極めながら、雪崩のリスクを最小限に抑える戦略を練ります。

佐竹を救出するためには一時的に吹雪が弱まる瞬間を利用する必要があり、晴原はそのタイミングでのヘリコプターを使った救出作戦を提案。

しかし、園部優吾は過去の経験から、その方法が危険すぎると反対します。

彼は「救える命に向き合う」という信念のもと、佐竹の救出を一時保留し、より安全な救助を優先することを選択。

最終的に、SDMは親子を無事救出し、佐竹も救助することに成功します。

チームメンバーたちはそれぞれの役割と責任について深く考え、個々の成長とチームとしての結束を強めることになります。

⇡目次へ戻る

第三話 大火災が強風で拡大!心に傷持つ天才医師の決意

第3話の『ブルーモーメント』では、特別災害対策本部(SDM)の新たな試練が描かれます。

このエピソードでは、SDMの気象班統括責任者である晴原柑九朗とその助手の雲田彩、上野香澄が、新しく加わる医療班候補者の研修を開始。

研修中、彼らは医療班候補者たちの能力と人間性を試すことに。

特に注目されるのは、かつて天才脳外科医とされた汐見早霧の存在。

彼女は手術ができなくなった過去を持ち、医療行為に対して複雑な感情を抱えています。

研修初日に、地域で発生した大規模な火災にSDMが出動することになり、早霧は実地での対応を迫られます。

彼女は自分の限界と向き合いながらも、その卓越した医療知識で多くの要救助者たちを救うために奮闘します。

火災現場では、強風により火が拡大し、SDMメンバーは地元消防隊と連携して火災の拡大防止に努めます。

この中で、早霧は医療チームの一員として、また個人としても成長を遂げることに。

⇡目次へ戻る

第四話 竜巻の脅威!試される姉妹・・・過去を乗り越えろ!

第4話の『ブルーモーメント』では、SDM(特別災害対策本部)が公共の安全を守るための新たな取り組みに乗り出します。

物語は晴原柑九朗が率いるチームが、防災教育のために以前台風で大きな被害を受けた地域を訪れる場面から始まります。

この地域は偶然にも雲田彩の故郷であり、彼女の姉である雲田真紀も市役所の担当者として登場。

真紀は過去の自然災害で車椅子を使用するようになり、姉妹間には微妙な距離が生じています。

このエピソードでは、SDMが子供たちに向けた防災マップ作成や安全な避難方法の指導を行う様子が描かれます。

その中で、半年前の台風で祖父を失った少女・実花が特に焦点を当てられます。

実花は過去のトラウマに苦しみながらも、彩の優しさに触れ、少しずつ心を開いていきます。

しかし、地域に新たな台風の脅威が迫る中で、SDMは緊急の避難指示を準備。

晴原と彩は地元テレビ局を通じて住民に避難を呼びかける中継を行うことになり、彩は自身の過去の経験を公にする勇気を見せます。

⇡目次へ戻る

第五話 雹から霧へ!災害の連鎖・・・SDMにスパイ潜入!

第5話の『ブルーモーメント』では、緊迫した展開が描かれます。

このエピソードは、新たにSDM警察班統括責任者として加入した沢渡満が中心となります。

沢渡は自身がSDM内での「スパイ」であり、組織の問題を暴く目的があることを隠さずにチームに告げます。

彼の登場は、SDMチーム内での緊張を高め、晴原柑九朗のリーダーシップが試されることに。

同時に、市に巨大な雹が降る予兆があり、晴原はこれを察知し、速やかに緊急避難指示を出しますが、市の防災連携の不備により、適切な避難が進まず、多くの市民が危険にさらされます。

特に、避難が間に合わなかった妊婦の女性が雹に直撃され重傷を負うという事態に。

沢渡は、現場での迅速な判断を迫られ、緊急事態に対する彼の戦略的かつ冷静な指示がチームメンバーを驚かせます。

彼は市の防災危機管理課の畑中大輔とも協力し、危機を乗り越えようとしますが、畑中も事故に遭い、さらなる困難が生じます。

この状況下で、晴原は沢渡の提案に従い、限られたリソースの中で最善の救助活動を行う決断を下します。

⇡目次へ戻る

第六話

※こちらの記事は、各話放送後に追記します。

ドラマ『ブルーモーメント』を

30日間無料トライアル

ドラマ『ブルーモーメント』の見どころ

『ブルーモーメント』は、気象学の天才・晴原柑九朗(山下智久さん)が中心となり、自然災害から人々の命を守る壮大な物語。

このドラマの最大の見どころは、ただ単に災害に立ち向かうだけでなく、晴原が「気象学で命を救う」ことを志した深い理由、最愛の人の死というミステリーが徐々に明かされていく点です。

キャストとして、晴原の同僚である雲田彩(出口夏希さん)、SDMのメンバーで力仕事を得意とする園部優吾(水上恒司さん)、情熱的な新人山形広暉(岡部大さん)など、個性豊かなキャラクターが集結。彼らの協力と成長を描きつつ、チームとしての結束を深めていく様子が見どころの一つです​ 

制作陣も豪華で、脚本は『イチケイのカラス』シリーズを手掛けた浜田秀哉さん、音楽は『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズや『海猿』シリーズの佐藤直紀さんが担当。

『ブルーモーメント』は、キャラクターたちの人間ドラマと、自然災害という現代における切実なテーマが見事に組み合わさった作品。

山下智久さんが演じる晴原を中心に、仲間たちが集まり、人命を救うために奮闘する様子は、視聴者に新たなヒーロー像を提示してくれるでしょう​。

原作『ブルーモーメント』との違いは?

『ブルーモーメント』がいよいよドラマ化!

でも、気になるのは原作とどんな風に違うのかってことですよね。

この記事では、原作ファンも、これからドラマで初めて『ブルーモーメント』に触れる人も、きっと興味深い、ドラマと原作の違いに焦点を当ててみました。

キャラクターの背景に小さな変更があるのか、それとも物語の展開に大きな転換点が加えられているのか…。

放送前から話題沸騰、予想と推測で盛り上がりましょう!

※こちらの記事は、ドラマ放送後に追記します。

ドラマ『ブルーモーメント』を

30日間無料トライアル

ドラマ『ブルーモーメント』の相関図と登場人物キャスト一覧

『ブルーモーメント』は、気象庁気象研究所のイケメン研究官である晴原柑九朗(山下智久さん)を中心に、特別災害対策本部(SDM)のメンバーが自然災害に立ち向かうドラマです。

ここでは、主な登場人物を相関図付きで紹介します。

ブルーモーメント 相関図引用:公式HP

晴原柑九朗(山下智久)

通称「雲王子」と呼ばれる気象庁気象研究所の研究官。

晴原はSDM本部のチーフでもあり、災害を事前に察知し、被害を最小限に抑えるため奮闘します。

毒舌ながらも、人命を救う強い意志を持つ彼には、亡くなった家族の謎を解明する個人的な使命があります。

雲田彩(出口夏希)

晴原の研究助手。

前職をクビになった過去を持つが、仕事はできるタイプ。

中国語が堪能な帰国子女です。

園部優吾(水上恒司)

晴原の亡き婚約者のいとこで、優秀なレスキュー隊員。

中学時代の遭難体験からレスキュー隊員を志し、SDM消防班のメンバーとして活躍します。

汐見早霧(夏帆)

ドラマオリジナルキャラクターの脳外科医。

ある事件をきっかけに手術ができなくなり、SDMに派遣されることになります。

ドラマ『ブルーモーメント』を

30日間無料トライアル

佐竹尚人(音尾琢真)

園部優吾を救出した経験を持つ優秀なレスキュー隊員で、後にSDM消防班統括責任者となります。

上野香澄(平岩紙)

気象庁気象研究所・予報研究部部長。

ドラマオリジナルキャラクターで、晴原の上司にあたります。

山形広暉(岡部大)

国土地理院官僚でSDM情報班のメンバー。

ドラマオリジナルキャラクターで、地理知識を活かしてチームをサポートします。

丸山ひかる(仁村紗和)

SDM対策本部車のドライバー兼料理人。

家族を災害で失った経験からSDMに参加します。

園部灯(本田翼)

晴原柑九朗の婚約者で、SDMを提唱した気象庁気象研究官。

二人の過去には一体何が…。

立花藍(真矢ミキ)

総務省・総務大臣で、SDMに対して慎重な立場を取りつつも、チームに期待を寄せています。

園部肇一(舘ひろし)

内閣府・特命担当大臣(防災担当)で、SDM創設のキーパーソンです。

ドラマ『ブルーモーメント』を

30日間無料トライアル

SDM(特別災害対策本部)とは?

特別災害対策本部

SDM、つまり特別災害対策本部って聞くと、ちょっと難しそう…って思いますよね?

でも、実はすごくシンプルで大事な役割を持っているんですよ。

考えてみてください、自然災害って予告なくやってくることが多いですよね。

そんな時、私たち一般人はどう対応したらいいか、パニックになりがち。

でも、SDMがあれば話は別です。

SDMは、まさにそんな予測不能な自然災害に立ち向かうためのエキスパートチーム。

地震、台風、洪水など、さまざまな災害が発生した時に迅速に行動を起こし、人々を守るための計画を立てるんです。

具体的には、災害予報、避難勧告の発令、救助活動の調整など、災害対応のあらゆる面をカバーしています。

メンバーは、気象学者から救助隊員、医療スタッフまで、多岐にわたる専門家で構成されていて、それぞれの知識と技術を生かして、災害時の被害を最小限に抑えるために活動します。

実際の災害現場では、SDMの迅速な判断と行動が、多くの命を救っています。

なので、SDMがいるおかげで、私たちは少しでも安心して、日常生活を送ることができるんです。

もしもの時には、彼らが私たちの安全を守ってくれる強い味方なんですよ。

ドラマ『ブルーモーメント』の感想や口コミ

『ブルーモーメント』の放送前とはいえ、すでにこのドラマへの期待感は高まる一方ですね。

この記事では、そんな『ブルーモーメント』に対する視聴者の温かい期待や、さまざまな角度からの口コミを集めてみました。

みなさんの期待や興味を引き出すために、一足先に感じる『ブルーモーメント』の世界観に触れてみませんか?

※こちらの記事は、ドラマ放送後に追記します。

ドラマ『ブルーモーメント』を

30日間無料トライアル

まとめ

この記事では、ドラマ『ブルーモーメント』の見所やネタバレ、そして視聴者の期待を一挙に紹介しました。

特に注目すべき点は以下の通りです。

  • 晴原柑九朗という気象学の天才が如何にして災害から人々を救うのか
  • 登場人物たちの深いバックストーリー
  • 原作とドラマの巧みな違い

これらのポイントが、『ブルーモーメント』をただのドラマではなく、視聴者にとって思い出深い作品にするでしょう。

最終的に、このドラマはネタバレを超えた深いメッセージと共感を提供し、多くの人々の心に響くこと間違いなしです。

2024年春ドラマ

>>ドラマ『366日』に関する記事はこちら

>>ドラマ『Destiny』に関する記事はこちら

>>ドラマ『くるり〜誰が私と恋をした?〜』に関する記事はこちら

>>ドラマ『からかい上手の高木さん』に関する記事はこちら

>>ドラマ『Believe-君にかける橋-』に関する記事はこちら

>>ドラマ『イップス』に関する記事はこちら

>>ドラマ『花咲舞が黙ってない』に関する記事はこちら

>>ドラマ『アンチヒーロー』に関する記事はこちら

【ガチ比較】映画見放題VODサービスランキング

ここでは私がガチで比較した、厳選おすすめVODサービスランキングを紹介します!

こちらは料金や目的など、総合的に判断したランキングとなります。

U-NEXT

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

U-NEXTなら、映画、ドラマ、アニメが無限に楽しめる!

31日間の無料トライアルで最新作から名作まで幅広く視聴可能。

高画質で家族みんなのお気に入りも見つかるはず。

手軽にエンターテインメントの世界へ飛び込もう。

U-NEXTであなたの毎日をもっと豊かに、もっと楽しく。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ※商品リンクあり

Amazonプライムビデオでお気に入りの映画やドラマを無限に楽しもう!

新作から名作まで、豊富なラインナップを月額わずかで。

さらに、プライム会員なら配送料無料の特典も!

お家での映画ナイトも、通勤中のちょっとした息抜きも、Amazonプライムビデオがあればいつでもどこでも楽しめます。

今すぐチェックして、あなたの観たい作品を見つけましょう!

Hulu

【Hulu フールー】

Huluであなたのお家時間をもっと豊かにしましょう!

最新の海外ドラマから国内の人気シリーズ、映画まで、幅広いジャンルの作品を楽しめます。

リアルタイム配信もあり、見逃した番組もすぐにチェック。

また、Huluオリジナル作品も多数配信中!

どこでも、いつでも、あなたのスマホ、タブレット、テレビで、心ゆくまでエンターテイメントをお楽しみいただけます。

今すぐHuluを始めませんか?

-国内ドラマ